2015年08月07日

上手にダイエットするための秘訣

健康的にダイエットしたい場合には、ジョギングを実行するのが効果があります。


どういったものかというと、これは水泳、歩行、走行といった運動を指しています。
栄養面で考慮するのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。

脂肪燃焼のためにはタンパク質がなくてはならないのです。



ダイエットを成功に導くためにはウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。



エアロビクスプログラムにより体の中に残った余分な脂肪が燃えさかるので、体を絞る事ができます。

よく高負荷の筋トレを行っている人がいると聞きますが、これはハードで三日坊主になる場合もありがちになってしまいますよね。



私の場合、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を産んだ後、増えた体重とぶよぶよのお腹を元に戻すために、ダイエットと伴に人生初の筋トレをしました。完全母乳で育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。
その結果、半年ぐらいでほぼ以前のような体型に戻ることができました。

炭水化物の摂取を少なくする手段でご飯制限をしたことがあります。よく噛向ことで、満足度をあげようとしましたが、困難だったです。日本人ですので、時々は、がっつりと白米をほしいではないでしょうか。ですから、今は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝食と昼食は通常通りに食べるようにしています。


痩せる決意をしたその瞬間が、一番やる気に満ち満ちている状態でしょう体重を減らすのを成功させる為には、そのダイエットするぞという気もちをずっと継続させることが、肝要です。最初に必死にやり過ぎると、人は挫折しやすくなってしまいますので、ゆったりと始めましょう。痩せるためにはまずは無理をし過ぎないことです。ご飯を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、体にとっては、悪影響もでてきます。


私の話で言うと、生理が止まってしまったのです。



排卵が無くなってしまって、婦人科で薬をもらい治しました。

こういうことになる場合もありますから、あまり無理をしすぎると続かないというのが自論です。

常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも変化が出てきます。



ダイエットをやってると自分に厳しいご飯の制約をかけてしまう人もいますが、ご飯を取らないなどの無理な減量は辞めたほうが良いです。


というのも、食べ物を制限していても空腹になってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。

その時、なるべく低カロリーのものを属するようにすれば一気に太ったりすることもありません。
ダイエット アサイー

女性の視点では、結婚式は生きているうちに一度だけ経験するはずのことなので、婚約してから、私もそれなりにダイエットに励みました。その後、エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)にもむかいました。お金が色々と必要で2日しか通う事ができなかったけど、いつもはしないことをして少しだけ綺麗になれた気分になりました。

posted by tikako at 23:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。